NginxのWebDAVにFinderからアップロード出来ない問題とその解決策

NginxのWebDAVにファイルをアップロードする際, Mac OS XのFinderを用いると, アップロードしたファイルが0バイトになることがあります. これはアップロードするファイルが一定のサイズ以上のときに発生し, NginxをWebDAVへのリバースプロキシとして利用する際にも発生します.

この問題はMac OS X 10.5 Leopard以降でファイルをアップロードする際に, chunked transfer encodingが利用され, Nginxがchunked transfer encodingされたリクエストを適切に処理出来ないため発生します.

“NginxのWebDAVにFinderからアップロード出来ない問題とその解決策” の続きを読む

NetworkActivityIndicatorの管理用クラスを公開しました

iOSアプリでネットワーク通信時等にステータスバーに表示する, NetworkActivityIndicatorを管理する, YMNetworkActivityManagerを公開しました.

“NetworkActivityIndicatorの管理用クラスを公開しました” の続きを読む

DebianのVimでPythonインターフェースを利用する

Powerlineなどの一部のVimのプラグインは内部でPythonを利用しています. しかしながら, DebianのvimパッケージにはPythonを含むスクリプト言語へのインターフェースが含まれていません.

DebianでPythonのインターフェースを含むVimを利用するにはvim-noxパッケージをインストールします.

$ sudo aptitude install vim-nox

“DebianのVimでPythonインターフェースを利用する” の続きを読む

DjangoのFileField/ImageFieldのアップロード先のファイル名を変更する

DjangoのモデルでFileFieldやImageFieldを利用した場合, upload_toでアップロードされたファイルを保存するディレクトリを変更できますが, upload_toに関数を渡すことによって保存するファイル名も変更できます.

公式ドキュメントに記載があるように, 2つの引数をとり, ファイルへのパスを返す関数を定義し, これをupload_toに与えることで, 任意のファイル名で保存することが出来ます. 使用例を以下に示します.

“DjangoのFileField/ImageFieldのアップロード先のファイル名を変更する” の続きを読む

Debian 7 WheezyにKVMをインストールする (iptables対応)

Debian 7 WheezyにKVMをインストールした際の手順をまとめます.

まず, qemu-kvmとlibvirt-binをインストールします. これらはKVMを利用するにあたって必ず必要になります.

$ sudo aptitude install qemu-kvm libvirt-bin

GUIを用いた仮想マシンの管理を行いたい場合は, virt-managerもインストールします.

$ sudo aptitude install virt-manager

“Debian 7 WheezyにKVMをインストールする (iptables対応)” の続きを読む