Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (2015年版)

Raspberry Pi が扱える低レベル周辺機器の一つに I2C があります. I2C バスに温度センサなどを接続すると比較的簡単にデータを取得できます. しかし, 標準の Raspbian では I2C が無効化されているため, これを有効化するためにいくつかの手順が必要になります.

2015 年にリリースされた Linux 3.18.x のカーネルから Device Tree という仕組みがデフォルトで導入され, 以前紹介した記事の内容では I2C を有効化できなくなってしまいました.

“Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (2015年版)”の続きを読む

Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (旧版)

Raspberry Pi が扱える低レベル周辺機器の一つに I2C があります. I2C バスに温度センサなどを接続すると比較的簡単にデータを取得できます. しかし, 標準の Raspbian では I2C が無効化されているため, これを有効化するためにいくつかの手順が必要になります.

2015年にリリースされたカーネルから方法が変わっています. 詳しくは新しい記事を御覧ください.

“Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (旧版)”の続きを読む