モダンフロントエンド開発環境のセットアップに Neutrino を利用してみた話

mypy Playgroud のフロントエンドはこれまで生の (トランスパイル等をすることのない) JavaScript と jQuery 等のいくつかのライブラリで実装されていました.今後の機能追加等を考慮するとこのまま開発を続けていくのは面倒だと感じたため,フロントエンド部分を React で書き直すことにしました.

当初は React 開発環境の整備に Create React App を利用するつもりでいましたが,今回の目的により適していそうな Neutrino というツールを利用することにしました.Neutrino のユーザー体験が良かったものの日本語の記事が見当たらなかったため簡単に紹介します.

“モダンフロントエンド開発環境のセットアップに Neutrino を利用してみた話” の続きを読む

iPhone で T-Mobile の eSIM を使う方法

アメリカに出張で行く機会があったので,iPhone で T-Mobile の eSIM を使ってみました.備忘録を兼ねてブログに簡単に使い方をまとめておきます.

慣れれば簡単に設定することができ,日本国内で準備しておくことができるので旅行時の通信手段として良い方法の一つだと思います.

“iPhone で T-Mobile の eSIM を使う方法” の続きを読む

Python ウェブアプリのためのプロファイラ wsgi_lineprof の仕組み

この記事は CAMPHOR- Advent Calendar 2018 20日目の記事です.昨日の記事は @lotz 氏の「“アルゴリズムこうしん”のアルゴリズムをHaskellで実装する」でした.

wsgi_lineprof は WSGI ミドルウェアとして実装された Python のラインプロファイラです.この記事では wsgi_lineprof がどのようにして実装されているかを,WSGI や CPython の内部実装の簡単な説明とともに紹介します.プロファイラの実装について興味がある人や,Python 処理系,WSGI の裏側に興味がある人の参考になれば幸いです.

“Python ウェブアプリのためのプロファイラ wsgi_lineprof の仕組み” の続きを読む

PEP 561 に準拠した型ヒントを含むパッケージの作り方

この記事では Python 3.7 で採択された PEP 561 Distributing and Packaging Type Information について簡単に解説し,PEP 561 に準拠した,型ヒントを含むパッケージの作成方法について紹介します.
“PEP 561 に準拠した型ヒントを含むパッケージの作り方” の続きを読む