Raspberry Pi のハードウェア乱数生成器を利用する

Raspberry Pi にはハードウェア乱数生成器が搭載されており, Raspbian では若干の設定を行うことでこれを簡単に利用することができます.
“Raspberry Pi のハードウェア乱数生成器を利用する”の続きを読む

Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (2015年版)

Raspberry Pi が扱える低レベル周辺機器の一つに I2C があります. I2C バスに温度センサなどを接続すると比較的簡単にデータを取得できます. しかし, 標準の Raspbian では I2C が無効化されているため, これを有効化するためにいくつかの手順が必要になります.

2015 年にリリースされた Linux 3.18.x のカーネルから Device Tree という仕組みがデフォルトで導入され, 以前紹介した記事の内容では I2C を有効化できなくなってしまいました.

“Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (2015年版)”の続きを読む

Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (旧版)

Raspberry Pi が扱える低レベル周辺機器の一つに I2C があります. I2C バスに温度センサなどを接続すると比較的簡単にデータを取得できます. しかし, 標準の Raspbian では I2C が無効化されているため, これを有効化するためにいくつかの手順が必要になります.

2015年にリリースされたカーネルから方法が変わっています. 詳しくは新しい記事を御覧ください.

“Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (旧版)”の続きを読む

Raspberry Pi のイメージファイルを拡張する

Raspberry Pi df

Raspberry PiをQEMUでエミュレートする方法 では, Raspbian を QEMU で動作させる方法をまとめました. しかし, ダウンロードしたイメージのままではイメージファイルの空き容量が数百MBしかないため, ソフトウェアをインストールして本格的に利用することは困難です. ここでは, Raspbian のイメージファイルをリサイズする方法をまとめます.

“Raspberry Pi のイメージファイルを拡張する”の続きを読む