NetworkActivityIndicatorの管理用クラスを公開しました

iOSアプリでネットワーク通信時等にステータスバーに表示する, NetworkActivityIndicatorを管理する, YMNetworkActivityManagerを公開しました.

通常, インジケーターの表示/非表示は以下のように行います.

[UIApplication sharedApplication].networkActivityIndicatorVisible = YES;
[UIApplication sharedApplication].networkActivityIndicatorVisible = NO;

しかし, この方法では複数の通信処理を同時に行う場合に, 表示/非表示の状態管理が面倒になります.

YMNetworkActivityManagerを利用し, 処理開始時にincrement, 処理終了時にdecrementを呼ぶことによって, 内部で実行中の通信処理の数を記憶され, すべての通信処理が終了した時点で自動的にインジケーターを非表示になります.

[[YMNetworkActivityManager sharedManager] increment];
[[YMNetworkActivityManager sharedManager] decrement];

また, 必要に応じてカウンタをリセットして, インジケーターを非表示にすることも出来ます.

[[YMNetworkActivityManager sharedManager] reset];

YMNetworkActivityManagerはiOS 5以降でARCを有効にしている環境下で利用できます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です