systemd を用いてシステムの再起動やサスペンドを行う方法

従来の System V init に代わり, systemd が多くのディストリビューションで採用されつつあります. systemd を制御するためのコマンド systemctl を用いて, システムの終了や再起動, サスペンドを簡単に行うことが出来ます.

man systemctl

手順

システムをシャットダウンして電源を切る場合は以下のようになります.

systemctl poweroff

他のユーザーがログインしてない場合などはユーザー権限で実行できます.

コマンド一覧

終了以外にも, 以下のコマンドを実行することが出来ます.

コマンド 説明
systemctl halt シャットダウンして halt する
systemctl poweroff シャットダウンして電源を切る
systemctl reboot シャットダウンして再起動する
systemctl suspend サスペンドする
systemctl hibernate ハイバネートする
systemctl hybrid-sleep ハイブリッドスリープ (サスペンドとハイバネートの両方を行う)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です