さくらVPS で ISO イメージからインストールした Debian でリモートコンソールを利用する方法

さくらVPS のコントロールパネルでは, リモートコンソール機能が提供されていて, ブラウザ上から仮想シリアルポートを通じてサーバーを操作出来ます. 標準で提供されている CentOS や, さくらインターネットが提供しているカスタムOSではこの機能が設定済みなのですが, 手動でISOイメージからインストールすると, この機能を利用することが出来ません.

ここでは ISO イメージからインストールした, Debian 7 wheezy でリモートコンソール機能を利用する方法を説明します. なお, CentOS 5 向けの情報はさくらのサポート情報にて公開されています.

/etc/inittab の末尾に以下の行を追加します.

co:12345:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 115200 vt100

/etc/default/grub の

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet"

の行を次のように書き換えます.

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet console=tty0 console=ttyS0,115200n8r"

以下を実行して GRUB を更新します.

sudo update-grub

サーバーを再起動して, 起動の様子がリモートコンソールから確認でき, ログイン出来ればOKです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です