Debian 8 jessie での日本語 TeX 環境の構築

Debian 8 jessie での日本語 TeX 環境の構築についてまとめます. Debian 7 wheezy から継続して TeX Live が採用されていますが, パッケージングに少し変更が入っています. なお現時点で Debian 8 jessie は開発途中ですので, 今後さらなる変更が行われる可能もあります.

環境

Debian 8 jessie (2014/10/3 時点) を利用します.

Debian 7 wheezy での環境構築は「Debian 7 wheezyでの日本語TeX環境の構築」を参考にしてください.

インストール

すべての言語等を含む TeX Live をインストールする場合は, texlive-full パッケージをインストールします.

sudo aptitude install texlive-full

上の方法では不要なパッケージも多く入ってしまうので, TeX Live の基本的なパッケージと日本語環境をインストールしたい場合は, texlive と texlive-lang-japanese をインストールします.

sudo aptitude install texlive texlive-lang-japanese

これで platex, uplatex など一般的に使われているものは利用できるようになります.

不足しているパッケージがある場合は, こちらのリストから必要なものを探してインストールすることが出来ます.

テスト

シェルで以下のスクリプトを実行すると test.pdf が生成されます.

cat << TEX > test.tex
\documentclass{ujarticle}
\begin{document}
吾輩は猫である。名前はまだ無い。
\end{document}
TEX
uplatex test.tex
dvipdfmx test.dvi

“Debian 8 jessie での日本語 TeX 環境の構築” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です