APFS と外付けディスクの Time Machine

macOS High Sierra へアップデートすると,SSD が搭載されている端末ではシステムのボリュームのファイルシステムが自動的に HFS+ から APFS に変換されます.その他の HFS+ のディスクもディスクユーティリティを使って APFS に変換することが出来ますが,Time Machine に利用しているディスクを APFS に変換してはいけないようです.

外付けディスクの Time Machine と APFS

従来から Time Machine で利用する外付けのディスク (USB や Thunderbolt で接続された HDD など) は HFS+ でフォーマットされていました.システムボリュームのファイルシステムを APFSにアップデートしても,これまで通り HFS+ でフォーマットされたディスクに Time Machine を使ってバックアップできます.

しかし,現時点で Time Machine はバックアップ先の外付けディスクのフォーマットとして APFS をサポートしていません.APFS でフォーマットされたディスクをバックアップ先として指定すると,HFS+ で再フォーマットされるようです.簡単な表で対応状況をまとめます:

バックアップ元 バックアップ先 サポート
HFS+ HFS+ OK
APFS HFS+ OK
HFS+ APFS NG
APFS APFS NG

ディスクユーティリティから Time Machine 用のディスクを APFS に変換すると痛い目を見ることになるので注意しましょう.

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です