OS X Yosemite Developer Preview 4 / 5 に GCC 4.9.1 をインストールする

現在は OS X Yosemite 用のパッチを当てる処理が, Homebrew の gcc formula に入った (https://github.com/Homebrew/homebrew/pull/32039) ので, brew install gcc とするだけで GCC をインストールできます. 以下は旧情報になります.

OS X Yosemite では GCC をコンパイル時にエラーが発生するため, Homebrew 等で GCC をインストールすることが出来ません. 先日 OS X Yosemite Developer Preview 4 / 5 で GCC 4.9.1 をコンパイルするためのパッチが公開され, これを適用することで GCC をインストール出来るようになりました.

パッチについて

このパッチは GCC Bugzilla で提案されており, 現時点でマージされているものではないので, このパッチを利用するかは自分自身で判断してください.

Homebrew

ここでは Homebrew を使って, パッチを適用して GCC 4.9.1 をインストールする手順をまとめます.

  1. brew update を実行し, 最新の Formula を取得しておく
  2. brew edit gcc を実行し, Formula を編集する
  3. 以下のパッチを適用するコードを適当な場所に追加します. Leopard 未満の場合パッチを適用するコードが 50 〜 58 行目にあるので, この前後あたりが良いと思います.
  4. 編集を終了して, brew install gcc を実行して, GCC をインストールします.
  patch do
    url "https://gcc.gnu.org/bugzilla/attachment.cgi?id=33180"
    sha1 "def0cb036a255175db86f106e2bb9dd66d19b702"
  end

更新

  • OS X Yosemite Developer Preview 5 でも同じパッチで動作することを確認. (2014/8/8)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です